旧国立競技場炬火台の地域貢献活動状況
 
 令和2年1月13日 埼玉県川口市 川口駅前にて点火(新成人祝賀イベント)


 令和元年10月6日  埼玉県川口市 川口駅前にて点火 (1964東京五輪炬火台61年ぶりの里帰り) 


 令和元年7月24日 福島県あずま総合運動場にて点火 (2020東京オリンピック 1年前記念)


 令和元年7月14日 岩手県陸前高田市にて点火     (ソフトバンク東北絆CUP バスケットボール大会)

 


 


平成31年5月14日 1964東京五輪聖火台 石巻市から被災地巡回へ

  

  

 炬火台は丁寧に梱包され岩手県盛岡市総合運動公園へ搬送された。
 撤去には ㈱武田鉄工・㈱湊クレーン工業のご協力を頂き無事に作業を終えた。

 今後、巡回展示先での支援を遠藤興業株式会社と行っていく予定。





 
 令和元年5月21日 岩手県盛岡市総合運動公園にて点火(高校総体開会式・・・雨天中止)
  元全日本女子バレー 木村沙織氏


 令和元年6月29日 埼玉県川口市青木町運動公園にて点火(川口青年会議所)
  川口市職員様・工藤愼太郎(シンガソングライター)

 

平成31年3月24日 ありがとう聖火台~感謝の集い~
      
 平成26年より携わってきました「旧国立競技場聖火台」今回が石巻での最後の展示点火となります。
 
 遠藤興業(株)では、石巻市への貸与決定から台座の製作(寄贈)、定期的な点検、イベントごとでの聖火台磨き・点火をボランティアしてまいりました。
 

平成30年1月19日

「H29年九州北部豪雨の見舞金に」100万円寄託
 社有地に建立した「龍神半跏不動明王像」に社員及び協力会会員会社等が供えた善意を全額寄託した。
宮城県村井嘉浩知事を訪れ目録を手渡し、大分県東京事務所を通じて大分県庁に届けられた。
遠藤治興副社長は「石巻の復興には九州から人員、物資両面で応援していただいた。
この度被災された大分県民の皆様の生活が一日でも早く戻るようお祈りする」と述べ
村井知事は「目録だけではなく、皆さんの思いもお伝えできるよう責任をもって届けさせていただく」と述べた。

     



平成29年2月9日~14日

 大規模災害時における対応訓練を開催しました。



  

実施訓練 報告書はこちらからダウンロードしてください(PDF